スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[FFMpeg] コマンド解説 (未完成)

-y (global)
確認せずに出力ファイルを上書きします。

-b bitrate (推奨コマンド:-b:v)
映像のビットレート

-ab bitrate (推奨コマンド:-b:a)
オーディオのビットレート

-r rate
フレームレートの指定(単位はHz、分数または省略形)

-ar rate
サンプリングレート(単位はHz、default = 44100 Hz)

-profile:v profile -level:v level
H.264の設定がこの2つのオプションで決まるらしい。(リンク先を参照)
リンク先の最適解の例は下記2パターン
//iPhone 3GSみたいな古い端末をサポートする: Baseline Profile @ Level 3.0
-profile:v baseline -level:v 3.0
//iPhone 4以降に絞ってしてしまう: Baseline Profile @ Level 3.1
-profile:v baseline -level:v 3.1

-ac channels
オーディオのチャンネル(1がモノラル、2がステレオ。default = 1) 参考リンク

-vcodec codec
強制的に「codec」で書き出し

-acodec codec
強制的に「codec」で書き出し
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C#]パソコン上のサービス情報を全部コンソールに出力する

//パソコン上のサービス情報を全部コンソールに出力
public void PrintServices()
{
Console.WriteLine(">>>>> サービス情報の出力を開始します。");
ServiceController[] scs = ServiceController.GetDevices();
int i=0;
foreach (ServiceController sc in scs)
{
Console.WriteLine("Device["+(i++)+"]");
Console.WriteLine(" DisplayName : " + sc.DisplayName);
Console.WriteLine(" ServiceName : " + sc.ServiceName);
switch (sc.ServiceType)
{
case ServiceType.Adapter:
Console.WriteLine(" ServiceType : Adapter");
break;
case ServiceType.FileSystemDriver:
Console.WriteLine(" ServiceType : FileSystemDriver");
break;
case ServiceType.InteractiveProcess:
Console.WriteLine(" ServiceType : InteractiveProcess");
break;
case ServiceType.KernelDriver:
Console.WriteLine(" ServiceType : KernelDriver");
break;
case ServiceType.RecognizerDriver:
Console.WriteLine(" ServiceType : RecognizerDriver");
break;
case ServiceType.Win32OwnProcess:
Console.WriteLine(" ServiceType : Win32OwnProcess");
break;
case ServiceType.Win32ShareProcess:
Console.WriteLine(" ServiceType : Win32ShareProcess");
break;
default:
Console.WriteLine(" ServiceType : Unknown");
break;
}
switch (sc.Status)
{
case ServiceControllerStatus.ContinuePending:
Console.WriteLine(" Status : ContinuePending");
break;
case ServiceControllerStatus.Paused:
Console.WriteLine(" Status : Paused");
break;
case ServiceControllerStatus.PausePending:
Console.WriteLine(" Status : PausePending");
break;
case ServiceControllerStatus.Running:
Console.WriteLine(" Status : Running");
break;
case ServiceControllerStatus.StartPending:
Console.WriteLine(" Status : StartPending");
break;
case ServiceControllerStatus.Stopped:
Console.WriteLine(" Status : Stopped");
break;
case ServiceControllerStatus.StopPending:
Console.WriteLine(" Status : StopPending");
break;
default:
Console.WriteLine(" Status : Unknown");
break;
}

}
Console.WriteLine("完了 <<<<<");
}



参考URL:接続されてるデバイスを取得する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal error: filemng failed: filemng: opendir failed: Permission denied System error 13: Permission denied

パーミッションを「chown -R」でまとめていじっているとPlesk環境ごとパーミッションを弄ってしまって下画像のようになってしまった場合の解決策の話です。
Internal error: filemng failed: filemng: opendir failed: Permission denied System error 13: Permission denied_1

その場合は、Pleskが事前にリペア手段を用意しています。

Pleskバージョンごとに違いますが、わたしはPlesk12だったので下記コマンド1行でした。
# /usr/local/psa/bin/repair --restore-vhosts-permissions



参考URL1:System error 13: Permission denied during access to domain logs in Plesk 11.5 for Linux.
参考URL2:[How to] How to restore default permissions in the virtual host directory
参考URL3:[手順] 仮想ホストディレクトリのデフォルトパーミッションを復元するには
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Android]Bitmapの画像データを合成する

//重ね順はcurrentBitmapが下、blendBitmapが上です
private Bitmap blendBitmap(Bitmap currentBitmap, Bitmap blendBitmap) {
int width = currentBitmap.getWidth();
int height = currentBitmap.getHeight();
Bitmap new_bitmap = Bitmap.createBitmap(width, height, Bitmap.Config.ARGB_8888);
Canvas canvas = new Canvas(new_bitmap);
canvas.drawBitmap(currentBitmap, 0, 0, (Paint)null); // image, x座標, y座標, Paintイタンス
int disWidth = (width - blendBitmap.getWidth()) / 2;
int disHeight = (height - blendBitmap.getHeight()) / 2;
canvas.drawBitmap(blendBitmap, disWidth, disHeight, (Paint)null); // 画像合成

return new_bitmap;
}
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : Android

[Android]Bitmapの画像データに色をつける

//Bitmapデータをmutable状態にするので、生成時はimutableでもOKです。
private Bitmap setColor(Bitmap bitmap, int color) {
//mutable化する
Bitmap mutableBitmap = bitmap.copy(Bitmap.Config.ARGB_8888, true);
bitmap.recycle();

Canvas myCanvas = new Canvas(mutableBitmap);

int myColor = mutableBitmap.getPixel(0,0);
ColorFilter filter = new LightingColorFilter(myColor, color);

Paint pnt = new Paint();
pnt.setColorFilter(filter);
myCanvas.drawBitmap(mutableBitmap,0,0,pnt);

return mutableBitmap;
}


//使用例
//hoge_image画像を、赤色に変化させます
Bitmap bitmap = BitmapFactory.decodeResource(getResources(), R.drawable.hoge_image);
bitmap = this.setColor(bitmap,Color.argb(255,255,0,0));



参考URL1:Converting a Drawable to a Bitmap to change the color of a Marker in Google Maps Android API v2
参考URL2:AndroidのImmutableなBitmapをMutableなやつに変換する方法3つ!
参考URL3:Colorクラスでの色指定
このエントリーをはてなブックマークに追加
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。