スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[cakePHP]KCFinderの導入

CKFinderをフリー化させたKCFinderをcakephpへ導入します。
さらに今回は、フォルダをwebroot外に作っており、
コントローラからKCFinderへアップロードディレクトリのパスを指定する形にしました。
・あらかじめ、controllerのfunctionでアップロードディレクトリのパスをセットします。
//フォルダパスは通常webroot以下を使ってください
$this->Session->write('uploadURL','...フォルダパス...');


・CKEditorを導入します。(説明は省きますが、こちらが参考になります)
KCFinderをダウンロードし、 /app/webroot/js/ 下へ配置します。

・ /kcfinder/config.php の最後に次のコードを入力します。
 ...

//override config setting
session_name("CAKEPHP");
$_CONFIG['disabled'] = false;
if(isset($_SESSION['uploadURL']))$_CONFIG['uploadURL'] = $_SESSION['uploadURL'];
?>


・/ckeditor/config.jsに次のコードを追加します
CKEDITOR.editorConfig = function( config )
...

//CKEditorにKCFinderを認識させるコード
config.filebrowserBrowseUrl = '/js/kcfinder/browse.php?type=files';
config.filebrowserImageBrowseUrl = '/js/kcfinder/browse.php?type=images';
config.filebrowserFlashBrowseUrl = '/js/kcfinder/browse.php?type=flash';
config.filebrowserUploadUrl = '/js/kcfinder/upload.php?type=files';
config.filebrowserImageUploadUrl = '/js/kcfinder/upload.php?type=images';
config.filebrowserFlashUploadUrl = '/js/kcfinder/upload.php?type=flash';
});


・コントローラ側で次の様に値をビューへセットしてください
//ディレクトリパス設定
$this->set('uploadURL',$dir_path);


あとはCKEditorがしっかり設置されていれば問題なく動きます。


参考URL1:CKFinder からKCFinderに乗り換え
参考URL2:CKEditor + KCFinder integration with CakePHP - tutorial
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : cakephp 2.x ckeditor ckfinder kcfinder 導入 javascript textarea テキスト エディタ

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。