スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]NSFileWrapper Class Reference日本語翻訳

NSFileWrapper Class Reference を個人的に翻訳したものです。
間違えた解釈が含まれる可能性があるため、内容を鵜呑みにしないでください。
また、翻訳途中の個所も含まれます。


概要(Overview)

NSFileWrapperクラスは、アクセスをファイルシステム・ノードの属性と内容に提供します。
ファイルシステム・ノードは、ファイル、ディレクトリまたはシンボリックリンクです。
このクラスの例は、ファイルラッパーとして知られています。
ファイルラッパーは、画像として表示(かつ適所に編集が可能),保存でき、または別のアプリケーションへ送信できるファイルシステム・ノードを表している。

ファイルラッパーは以下の3種類に分けられます。
・レギュラーファイルラッパー:普通のファイルラッパーを表す
・ディレクトリファイルラッパー:ディレクトリを表す
・シンボリックリンクファイルラッパーシンボリックリンクを表す。

ファイルラッパーは次のような属性を持つ
・ファイル名:ファイルシステムの名前
・ファイルシステム属性NSFileManager Class Referenceのための情報をdictionary型で表す
・レギュラーファイルコンテンツ:普通のファイル・ファイルラッパーだけ適用できるファイルラッパー
・ファイルラッパー:ディレクトリだけ適用できるファイルラッパー
・ディスティネーションノード:シンボリックリンクだけ適用できるファイルラッパー

----------- Adopted Protocols -----------

NSCoding
encodeWithCoder:
initWithCoder:

----------- Tasks -----------

ファイルラッパーの生成 - Creating File Wrappers
– initWithURL:options:error:
– initDirectoryWithFileWrappers:
– initRegularFileWithContents:
– initSymbolicLinkWithDestinationURL:
– initWithSerializedRepresentation:
– initSymbolicLinkWithDestination: Available in iOS 4.0 through iOS 4.3
– initWithPath: Available in iOS 4.0 through iOS 4.3

ファイルラッパーへの問い合わせ - Querying File Wrappers
– isRegularFile
– isDirectory
– isSymbolicLink

ファイルラッパーの情報取得 - Accessing File-Wrapper Information
– fileWrappers
– addFileWrapper:
– removeFileWrapper:
– addRegularFileWithContents:preferredFilename:
– keyForFileWrapper:
– symbolicLinkDestinationURL
– addFileWithPath: Available in iOS 4.0 through iOS 4.3
– addSymbolicLinkWithDestination:preferredFilename: Available in iOS 4.0 through iOS 4.3
– symbolicLinkDestination Available in iOS 4.0 through iOS 4.3

ファイルラッパーの更新 - Updating File Wrappers
– matchesContentsOfURL:
– readFromURL:options:error:
– needsToBeUpdatedFromPath: Available in iOS 4.0 through iOS 4.3
– updateFromPath: Available in iOS 4.0 through iOS 4.3

シリアライズ - Serializing
– serializedRepresentation

ファイルの取得 - Accessing Files
– filename
– setFilename:
– preferredFilename
– setPreferredFilename:
– fileAttributes
– setFileAttributes:
– regularFileContents

ファイルの書き出し - Writing Files
– writeToURL:options:originalContentsURL:error:
– writeToFile:atomically:updateFilenames: Available in iOS 4.0 through iOS 4.3

定数 - Constants
File Wrapper Reading Options
File Wrapper Writing Options
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : iOS リファレンス 翻訳 NSFileWrapper

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。