スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]データを保存する場所

iOSではいくつかデータ保存の方法ありますが、ローカル内に保存する場合には場所が決まっています。
また、いくつかのディレクトリにわかれており、ディレクトリごとに保存の用途が違います。
(古い情報では説明が異なります。これはiOS5.0.1から新しいガイドラインになったからだそうです。)

・Documentsディレクトリ
ユーザが作成したコンテンツ、または再生成が困難なデータを保存します。
iCloud上にバックアップをするため、ここに保存するものはユーザの任意か生成が行いにくいモノに限られています。(do not backup属性を付与することで、この制限から抜けることができます。)
//Documentsディレクトリの取得
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];


・Cachesディレクトリ
再生成が可能なデータを保存します。
雑誌・新聞紙・地図アプリケーションが例として挙げられています。
//Cachesディレクトリの取得
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSCachesDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];


・Tmpディレクトリ
一時的にだけ使われるデータを保存します。
iCloudにはバックアップされません。使用後に、データは削除する必要があります。
//Tmpディレクトリの取得
NSString *dir = NSTemporaryDirectory();



参考URL1:iOS でデータを永続化する方法
参考URL2:[iOS SDK] アプリケーションディレクトリの構造とアクセス方法
参考URL3:iOS Data Storage Guidelines
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : iOS home directory ホーム ディレクトリ folder フォルダ file ファイル data

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。