スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]TBXMLの導入方法

公式の画像での説明があまりにもわかりやすいため、説明の必要は皆無だと思うのですが個人的にまとめておきます。

step1.まずはGitHubからver1.5をダウンロードしてきます。
[iOS]TBXMLの導入方法
必要なフォルダは、
TBXML-Code
TBXML-Headers
TBXML-Support
入れるときは"Copy items into ..."のチェックを忘れないでください。
また、ARCを利用している人は導入後に
[Edit] -> [Refactor] -> [Convert to Objective-C ARC...]
で、ARC未対応のファイルを対応させる必要があります。
上記がエラーするようであれば、エラー内容で検索し、各自修正を行ってください。

step2.libz.dylibを導入する。
左サイドのプロジェクト(一番上の青いアイコン)-> [TARGETS] の1番目 -> [Link Binary With Libraries]
と進み、プラスボタンを押して "libz.dylib" を探して追加します。

step3.TBXMLを使いたいファイルで#import "TBXML.h"を記入します。

あとはTBXMLのAPIGuidesをご覧ください。


参考URL:Including TBXML Into Your Project
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。