スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]CoreDataチュートリアル(CoreDataのイベント削除)

○もくじ○
[iOS]CoreDataチュートリアル(土台編)
[iOS]CoreDataチュートリアル(CoreDataの作成)
[iOS]CoreDataチュートリアル(CoreDataのイベント追加)
[iOS]CoreDataチュートリアル(CoreDataのイベントフェッチ)
[iOS]CoreDataチュートリアル(CoreDataのイベント削除) <- 現在

この回では、CoreDataのイベントを削除する方法を紹介します。

CoreData~Tutorial~ 仕切り用画像

●テーブルの削除メソッドを実装する。
//テーブルの編集時呼ばれるデリゲートを実装
- (void)tableView:(UITableView *)tableView
commitEditingStyle:(UITableViewCellEditingStyle)editingStyle
forRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
{
//編集状態が削除だった場合に、管理オブジェクトの削除を実行する
if (editingStyle == UITableViewCellEditingStyleDelete) {
// 指定のインデックスパスにある管理オブジェクトを削除する。
NSManagedObject *eventToDelete = [eventsArray
objectAtIndex:indexPath.row];
[managedObjectContext deleteObject:eventToDelete];
// 配列とTable Viewを更新する。
[eventsArray removeObjectAtIndex:indexPath.row];
[tableView deleteRowsAtIndexPaths:[NSArray arrayWithObject:indexPath] withRowAnimation:YES]; // 変更をコミットする。
NSError *error = nil;
if (![managedObjectContext save:&error]) {
// エラーを処理する。
}
}
}


▲ここでビルドチェック▲
ここでシュミレータで実行してみてください。
データを追加したり、削除してみましょう。

疲れさまでした。
エラーが無ければ全てのサンプルが終了です。
これにてサンプルは完成となります。
最後にiOS Core Data チュートリアルの最後の章「次のステップ」がありますが割愛しております。
こちらではさらなる利用法の提案が記載されておりますので読んでおくと良いと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : iOS プログラミングガイド

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。