スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]SIGABRTした時に例外処理でコールスタックを表示する

Thread 1:Program received signal: ”SIGABRT”.

サルできで上記のような質問スレッドが立ち、この際に気になったコメントがありました。
[iOS]SIGABRTした時に例外処理でコールスタックを表示する

objective-cで今の今まで開発中に例外処理を行おうと思わなかったので、やり方を多少調べてみました。

参考URLを読み合わせることで、プログラムが落ちた場所のコールスタックを表示できるようです。
以下がそのソースになります。
//例外処理
NS_DURING
//例外を起こしそうな処理
NS_HANDLER
//捕獲した例外の処理
NSLog(@"\n%@",[NSThread callStackSymbols]);
NS_ENDHANDLER


大した長い処理は無く、使い方も簡単に行えます。

参考URL1:Objective-Cの例外処理の方法 
参考URL2:+[NSThread callStackSymbols]でコールスタックのダンプ
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : iOS 例外 SIGABRT 表示

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。