スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]描写時のちらつき(対策編)

ちらつき対応をどうしようかGoogleで調べていきついた答えは「ちらつく前にダブルバッファリング」するという方法です。
参考URL:メニューがキャンバスの後ろに隠れてしまう

ただこの参考URLはjavaの話なので手法としての参考です。
実際には、iPhoneのSafariを見て「出来るだろう」という考えに至りました。

想定としては、
・読み込み開始と終了をDelegateでハンドリング
・その時に描写中のページからHTMLソースを取得し、そのままUIWebViewに貼り付けて描写
・読み込み時にはそのViewを表示し、ちらつき時の描写があたかもチラついてないように見せかける
・読み込み終了後に仮のUIWebViewを削除し、再びもとのUIWebViewへ戻りアニメーション

という流れです。
明日実際にソースを書いて対応していこうと思っています。

追記:
この問題は、jquery mobileを利用した際の問題だということが判明。
今回の技術は、「横スクロールバーのない横長な画面をあたかもページ移動したかのように見せかける仕組み」というのが原因になっているようです。
ページが切り替わっていないといってもリクエストはあり、URLが仮想ページ毎にあてられています。
これはdata-urlというもので切り替えているようなのですが、現在調査中です、次回記事に詳細を書いていきます。

○http://sample001/mobile_sampleというページに実装した例

TOPページ:http://sample001/mobile_sample
次ページ:http://sample001/mobile_sample#basic_data ←ここを区切っているdivタグにdata-url:basic_dataとある

としてページが遷移する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。