スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]接続状態の取得のために

(1)Reachabilityファイルをプロジェクトに入れます。
(2)LibrariesにSystemConfiguration.frameworkを追加します。
(3)Reachabilityをimportします。
(4)下記ソースで判別します。
//接続されている回線を判別します。
Reachability *curReach = [Reachability reachabilityForInternetConnection];
NetworkStatus netStatus = [curReach currentReachabilityStatus];
switch (netStatus) {
case NotReachable:
//NSLog(@"Access Not Available");
break;
case ReachableViaWWAN:
//NSLog(@"Reachable via WWAN");
break;
case ReachableViaWiFi:
//NSLog(@"Reachable WiFi");
break;
}
if(netStatus == NotReachable){
//未接続状態
}


ARCを利用している場合の注意
ARCを利用してビルドした場合はエラーが発生しますので、このエラーを回避するために
Reachability.mファイルに対して「fno-objc-arc」を設定します。
画像のように設定してください。

[iOS]接続状態の取得のために_1

下記URLにのっている改変ソースがARC対応したソースになっているそうです。
gist: 1182373


参考URL:[24/7 twenty-four seven]iPhoneアプリケーションで圏外を通知する。
参考URL:WiFi接続チェック
参考URL:ReachabilityをARCに対応させる
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。