スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[iOS]UIButtonを生成する簡易コード

つい癖でこんなコード書いて「壊れたー!」とか言ってました。
//オブジェクト生成は[xxx alloc] init]・・・っと、あれ?
UIButton *tmp_button = [[[UIButton alloc] init] autorelease];
tmp_button.buttonType = UIButtonTypeRoundedRect;


こんなソース実行しても表示されません。
なぜなら、UIButtonは
①タイプを指定する必要があります。
②buttonTypeは読み取り専用です。

正しいCOOLなソースはこうなる。
//とってもシンプルにこれだけ
UIButton *tmp_button = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeRoundedRect];
//アクション追加
[tmp_button addTarget:self action:@selector(pressedButton:) forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside];

//ボタン押下時のアクション
-(void)pressedButton:(UIButton *)sender{
NSLog(@"ボタンが押されました。");
}


いつも生成した後にプロパティ設定してなんてやってるので、こんなことで躓く始末です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : iOS UIButton 最小 コード

コメントの投稿

非公開コメント

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。