スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C#]パソコン上のサービス情報を全部コンソールに出力する

//パソコン上のサービス情報を全部コンソールに出力
public void PrintServices()
{
Console.WriteLine(">>>>> サービス情報の出力を開始します。");
ServiceController[] scs = ServiceController.GetDevices();
int i=0;
foreach (ServiceController sc in scs)
{
Console.WriteLine("Device["+(i++)+"]");
Console.WriteLine(" DisplayName : " + sc.DisplayName);
Console.WriteLine(" ServiceName : " + sc.ServiceName);
switch (sc.ServiceType)
{
case ServiceType.Adapter:
Console.WriteLine(" ServiceType : Adapter");
break;
case ServiceType.FileSystemDriver:
Console.WriteLine(" ServiceType : FileSystemDriver");
break;
case ServiceType.InteractiveProcess:
Console.WriteLine(" ServiceType : InteractiveProcess");
break;
case ServiceType.KernelDriver:
Console.WriteLine(" ServiceType : KernelDriver");
break;
case ServiceType.RecognizerDriver:
Console.WriteLine(" ServiceType : RecognizerDriver");
break;
case ServiceType.Win32OwnProcess:
Console.WriteLine(" ServiceType : Win32OwnProcess");
break;
case ServiceType.Win32ShareProcess:
Console.WriteLine(" ServiceType : Win32ShareProcess");
break;
default:
Console.WriteLine(" ServiceType : Unknown");
break;
}
switch (sc.Status)
{
case ServiceControllerStatus.ContinuePending:
Console.WriteLine(" Status : ContinuePending");
break;
case ServiceControllerStatus.Paused:
Console.WriteLine(" Status : Paused");
break;
case ServiceControllerStatus.PausePending:
Console.WriteLine(" Status : PausePending");
break;
case ServiceControllerStatus.Running:
Console.WriteLine(" Status : Running");
break;
case ServiceControllerStatus.StartPending:
Console.WriteLine(" Status : StartPending");
break;
case ServiceControllerStatus.Stopped:
Console.WriteLine(" Status : Stopped");
break;
case ServiceControllerStatus.StopPending:
Console.WriteLine(" Status : StopPending");
break;
default:
Console.WriteLine(" Status : Unknown");
break;
}

}
Console.WriteLine("完了 <<<<<");
}



参考URL:接続されてるデバイスを取得する
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C#]連番配列の生成

//0から99のdouble型連番配列を生成
double[] ary = Enumerable.Range(0, 100).Select(i => (double)i).ToArray();



参考URL:[LINQ] double型の連番が欲しい
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C#]リソースへのアクセス

//プロジェクトのリソースタブに追加した場合(画像1)
Bitmap bmp = (プロジェクト名).Properties.Resources.(リソース名);

//自分のプロジェクトにアセンブリリソースファイルを作成した場合(画像2)
System.Reflection.Assembly asm = System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly();
System.Resources.ResourceManager rm =
new System.Resources.ResourceManager(asm.GetName().Name + ".Resource1", asm);
Bitmap bmp = (Bitmap) rm.GetObject("(リソース名)");

画像1 (クリックで拡大)
[C#]リソースへのアクセス_2

画像2 (クリックで拡大)
[C#]リソースへのアクセス_1


参考URL1:[VB / C#] リソースに追加したイメージ画像を読み込む
参考URL2:リソースファイルからリソースを取得する
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : C# resource get リソース 取得

[C#]ドラッグ&ドロップした画像をデスクトップへ出力する

前回の「[C#]ドラッグ&ドロップした画像を表示する」の処理に付け加える形になります。

//pictureBox1_DragDropを下記のように書き換えます。
//ファイル形式はbmp、png、gif、jpgに対応しています
private void pictureBox1_DragDrop(object sender, DragEventArgs e)
{
//ファイル名取得
string fileName = this.getFileNameToDragEvent(e);
//ファイルを表示
this.showPicture(fileName);
//ファイルパスからBitmap生成
Bitmap pictureBox1_bitmap = new Bitmap(fileName);
ImageFormat img_format = pictureBox1_bitmap.RawFormat;
String extension = "";
//拡張子を選択
if (img_format.Equals(ImageFormat.Bmp))
{
extension = "bmp";
}
else if (img_format.Equals(ImageFormat.Gif))
{
extension = "gif";
}
else if (img_format.Equals(ImageFormat.Jpeg))
{
extension = "jpg";
}
else if (img_format.Equals(ImageFormat.Png))
{
extension = "png";
}
else
{
MessageBox.Show("サポートされていない拡張子です。","エラー",MessageBoxButtons.OK,MessageBoxIcon.Error);
return;
}
//デスクトップへ出力する
pictureBox1_bitmap.Save("C:\\Users\\user\\Desktop\\test." + extension, pictureBox1_bitmap.RawFormat);
}


テスト用画像を置いておきます。
ico画像はエラーメッセージ確認用です。
jpg画像
png画像
ico画像
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C#]ドラッグ&ドロップした画像を表示する

pictureBoxに画像をドラッグ&ドロップして表示します。

public Form1()
{
InitializeComponent();
//ドラッグ&ドロップがうまく効かない場合、プロパティの設定にない場合は必要
pictureBox1.AllowDrop = true;
}
/*
* pictureBox1イベント
*/
private void pictureBox1_DragEnter(object sender, DragEventArgs e)
{
this.toggleEffectsToDragEvent(e);
}
private void pictureBox1_DragDrop(object sender, DragEventArgs e)
{
string fileName = this.getFileNameToDragEvent(e);
this.showPicture(fileName);
}
//ローカルメソッド
//ドラッグしてきたものがファイルであるなら全てのイベントを受け、ファイルでないならすべてのイベントを受け付けない
private void toggleEffectsToDragEvent(DragEventArgs e)
{
if (e.Data.GetDataPresent(DataFormats.FileDrop))
e.Effect = DragDropEffects.All;
else
e.Effect = DragDropEffects.None;
}
//ファイルのパスを取得する
private string getFileNameToDragEvent(DragEventArgs e)
{
string[] fileName = (string[])e.Data.GetData(DataFormats.FileDrop);
if (System.IO.File.Exists(fileName[0]) == true)
{
return fileName[0];
}
else
{
return null;
}
}
//pictureBox1にfileNameを適当に与える
private void showPicture(string fileName)
{
pictureBox1.ImageLocation = fileName;
}

このコードを書いたらpictureBox1_DragEnterDragEnterpictureBox1_DragDropDragDropへ登録する。
[C#]ドラッグ&ドロップした画像を表示する_1
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : C# VisualC#2010 drag&drop ドラッグ ドロップ 画像 表示

Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。