スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[moodle]userdate

// lib/moodlelib.php で実装
userdate($date, $format='', $timezone=99, $fixday = true);

$date・・・DB内に保存される特殊なタイムスタンプ数値
$format・・・日付のフォーマットを指定できる。
$timezone・・・不明
$fixday・・・不明

$formatの指定例
//%B,%A,%j,%Y,%m,%w,%d,%H,%M,%S が指定可能です
//詳しくはlib/moodlelib.php内を探索してみてください
$time_text = userdate($date,'%H時 %M分');
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : moodle version 1.9.19+ userdate タイムスタンプ 時間 変換

[moodle]送信されたフォームの値を取得する

たとえば下記のようなフォームを送信した場合




// ... その他HTML ...

これを取得するには
optional_param($parname, $default=NULL, $type=PARAM_CLEAN) ;
を利用します。使い方は下記のようになります。
//値は、第三引数に指定した型で取得されます。
$number = optional_param('number', 0, PARAM_INT); // 100を取得する。
$greeting = optional_param('greeting', null, PARAM_TEXT);
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : moodle version 1.9.19+ form value 取得 get post 送信

[moodle]_getJsValue(&$element, $elementName, $reset = false, $index = null);

パス:/www/moodle/lib/pear/HTML/QuickForm/RuleRegistry.php
概要:
要素の値を取得・再設定するJavaScriptを返します。
//@function
function _getJsValue(&$element, $elementName, $reset = false, $index = null);


@access private
[required]
@param object &$element (HTML_QuickForm_element)
- 処理を開始する要素を指定します。
- element being processed
@param string $elementName
- 要素名を指定します。

[optional]
@param bool $reset
- 値をリセットするJavaScriptを生成するかを指定します。
@param integer
- 値のindexの配列を指定します。(複数要素のruleのためにのみ使われます。)

@return array
- 配列の最初にはJavaScriptが、次にリセットするJavaScriptが入っています。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

[moodle]getValidationScript(&$element, $elementName, $ruleData);

パス:/www/moodle/lib/pear/HTML/QuickForm/RuleRegistry.php
概要:
確認テストをするjavascriptコードを取得します。
//@function
function getValidationScript(&$element, $elementName, $ruleData);


@access public
[required]
@param mixed
- ruleがあてはまる要素を指定します。
@param string
- 要素名を指定します。($elementが配列ではない場合)
- Element name, in case $element is not array
@param array
- ruleデータ配列を指定します。

[optional]

[return]
@return string
- ruleのためのJavaScriptが返る。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

[moodle]getValidationScript();

パス:/www/moodle/lib/pear/HTML/QuickForm/DHTMLRulesTableless.php
概要:
Returns the client side validation script.
The code here was copied from HTML_QuickForm and slightly modified to run rules per-element.

//@function
function getValidationScript();


@access public

[required]

[optional]

[return]
@return string
- Javascript to perform validation, empty string if no 'client' rules were added.

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。