スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C/C++]strncmp関数

strncmp(文字列A,文字列B,バイト数) は、文字列Aと文字列Bをバイト数分だけ比較する。
等しければ0を返す。
文字列A > 文字列B ならば正の値を返す。
文字列A < 文字列B ならば負の値を返す。

//文字列を指定したバイト数までを比較する
char *c1 = 'ABCDEF';
//return 0
strncmp(c1,'ABC',3);


参考URL:strncmp.php
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C/C++]strstr関数

strstr(文字列A,文字列B)は文字列Aから文字列Bを探索し、文字列Bの見つかった地点から後ろを返します。
無かった場合はNULLを返します。

//文字列を探索し、無ければNULLを返す
char *c = 'ABCDEF';
//return 'BCDEF'
strstr(c,'B');
//return 'DEF'
strstr(c,'DE');
//return null
strstr(c,'G');
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : C C++ strstr 関数 文字列 探索 string char

[C/C++][iOS]enumについて

普段あまり使ってなかったので、忘れる前に列挙型の使い方をメモします。

参考URL:[IT専科]列挙型

○定義方法
//タグ名か変数名どちらかを省略できる
enum タグ名 { 列挙定数1 , 列挙定数2 , … } 変数名;

○宣言方法
//省略した場合は省略した方を書かない
enum タグ名 変数名 = 列挙定数1;


列挙される値は順番に { 0, 1, 2,…} と番号が振られていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C++]型情報取得

[Yoichi Kawasaki blog]
C++ :: typeidとdemangleで実行時クラス名取得


便利ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[C/C++]ちょっと目を通しておきたい

[吉田誠一のホームページ]
ありがちなC言語プログラムの間違い


こういうのは目を通しておくとちょっとした時の転ばぬ先の杖になる。
この間違いって結構気付きにくいのでしっかりつっかえ棒しておきたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Translation


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。