[AE Script]clearOutputで情報パネルを空にする


//情報パネルを空にする。
clearOutput();

[AE Script]clearOutputで情報パネルを空にする1
            
[AE Script]clearOutputで情報パネルを空にする2
このエントリーをはてなブックマークに追加

[AE Script]テキストの追加

\nでも\r\nでもいいらしいという話だが、\r\nでないと改行と認識しない場合があるようです。
//実行には1つのコンポジションが必要
var composition = app.project.activeItem;
var myTextLayer = composition.layers.addText("Spring\r\nSummer\r\nAutumn\r\nWinter");
var myTextSource = myTextLayer.sourceText;
var myTextDocument = myTextSource.value;
myTextDocument.leading = 100;
myTextSource.setValue(myTextDocument);

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

[Android]ProgressBarの見た目をdrawableで作成する

下のようなものを作ります(パーセント表示はTextViewが上に乗ってるだけです)
[Android]ProgressBarの見た目をdrawableで作成する3


名前は何でもよいが、下記のようなdrawableファイルを追加する。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<layer-list xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">

<item android:id="@android:id/background">
<shape>
<gradient
android:startColor="#FFFFFFFF"
android:endColor="#FFFFFFFF"
android:angle="270" />
<corners android:radius="3dp" />
</shape>
</item>

<item android:id="@android:id/secondaryProgress">
<clip>
<shape>
<solid android:color="#88f4a523" />
<corners android:radius="3dp" />
</shape>
</clip>
</item>

<item android:id="@android:id/progress">
<clip>
<shape>
<solid android:color="#f4a523" />
<corners android:radius="3dp" />
</shape>
</clip>
</item>
</layer-list>


そうしたら、layoutファイル上にProgressBarを配置します(下図)
[Android]ProgressBarの見た目をdrawableで作成する1

配置したProgressBarのProgressDrawable項目に対して先程作成したdrawableファイルを適用します。
[Android]ProgressBarの見た目をdrawableで作成する2

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

[cakePHP]cakephpのShell内部でdatabase.phpに書いたデータベース名を取得する

// app/Console/Command/HogeShell.php
class HogeShell extends AppShell {
//ConnectionManagerを使ってデータベースを取得する
var $uses = array('ConnectionManager'); // モデルを使用する場合はここに記述すれば楽。

function dbname() {
$db_config = ConnectionManager::getDataSource('default');
$db_name = $db_config->config['database'];
var_dump($db_name);
}
}


あとはなんか
php /...{appまでの絶対パス}.../app/Console/cake.php Hoge dbname
みたいな感じでコマンド打つなり、タスクに組み込むなり。


参考URL:How Can I Read the DB Configuration Settings From a Cake Shell?
このエントリーをはてなブックマークに追加

カスタムビュー作成時のテンプレート(AutoLayout対応)

File's Ownerに対してクラス名を指定します。
カスタムビュー作成時のテンプレート(AutoLayout対応)_1
#import <UIKit/UIKit.h>
@interface HogeView : UIView
@end

#import "HogeView.h"
@interface HogeView ()
@end

@implementation HogeView

/*
// Only override drawRect: if you perform custom drawing.
// An empty implementation adversely affects performance during animation.
- (void)drawRect:(CGRect)rect {
// Drawing code
}
*/

- (id)initWithFrame:(CGRect)frame
{
self = [super initWithFrame:frame];
if (self) {
[self commonInit];
}
return self;
}

- (id)initWithCoder:(NSCoder *)aDecoder
{
self = [super initWithCoder:aDecoder];
if (self) {
[self commonInit];
}
return self;
}

- (void)commonInit {
//対応するnibファイル名は"自身のクラス名.xib"となるように作成する
//ここでは"HogeView.xibとなり、nibファイル内のviewを取得する
NSString *className = NSStringFromClass([self class]);
UIView *subview = [[[NSBundle mainBundle] loadNibNamed:className owner:self options:0] firstObject];
[self addSubview:subview];

//AutoLayout対策
//selfのビューに対してぴったりに張り付くように設定
subview.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = NO;
[self addConstraint:[self pin:subview attribute:NSLayoutAttributeTop]];
[self addConstraint:[self pin:subview attribute:NSLayoutAttributeLeft]];
[self addConstraint:[self pin:subview attribute:NSLayoutAttributeBottom]];
[self addConstraint:[self pin:subview attribute:NSLayoutAttributeRight]];
}

- (NSLayoutConstraint *)pin:(id)item attribute:(NSLayoutAttribute)attribute
{
return [NSLayoutConstraint constraintWithItem:self
attribute:attribute
relatedBy:NSLayoutRelationEqual
toItem:item
attribute:attribute
multiplier:1.0
constant:0.0];
}

@end
このエントリーをはてなブックマークに追加
Translation


プロフィール

チーズくん

Author:チーズくん
個人的メモをただ羅列しています。
twitter:@cheese1038

バロメーター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ